profile

■本名:西郡葉子
■出身地:福岡県北九州市
■誕生日:7月7日
■血液型:AB

7才で新聞に詩が掲載され、以来書き続ける。中学生で「九州はフォークソングのメッカ」の時代を迎え、詩にメロディーを付けはじめる。

15才、ヤマハポピュラーソングコンテスト「九州大会最優秀ヴォーカリスト賞」受賞。

福岡県を中心に活動開始。テレビ・ラジオ出演、コンサート。海援隊のオープニングアクトも務めた。同秋、同コンテストの全国大会「つま恋本選会」へ、九州代表「ひとり/朝野葉子」で出場。

ワーナーとキングレコードの2社から「レコード会社賞」を獲得。卒業後は合歓音楽院の特待生として上京。財団法人ヤマハ音楽振興会に所属。

徳間音工ハーベストレーベルより、故NSP天野滋氏作「歌は世につれ/西郡葉子」でデビュー。

ラジオ、ニッポン放送「コッキーポップ」アシスタント、コンサート、学園祭ステージ、CMソングレコーディング等。

東芝EMIへ移籍。移籍第2弾「この愛に生きて/西郡よう子」がフジTV「結婚の四季(平岩弓枝ドラマ、十朱幸代主演)」の主題歌になり大ヒットを記録。EMIより「ゴールドディスク」を受賞。
1stアルバム「MY NANE IS YOKO」3rdシングル「振り向けばまた」をリリース。TBS「Sound in S」ゲスト出演、TV朝日「Tonight」出演およびエンディングテーマ、中京TV「5時SATマガジン」レギュラーアシスタント、24時間TV出演等。日本全国で活動。スタジオワーク、作詞家としても活動。

 

2004年、JAZZ VOCALIST「星乃けい」としてライブ活動開始。

2005年12月、ジャズシンガーとして待望のアルバム「NEARNESS OF YOU」、2006年「IN A SENTIMENTAL MOOD」をリリース。
スウィングジャーナル誌の「ジャズディスク大賞・ボーカル賞」に2年連続ノミネートの快挙を果たす。
1ビットコンソーシアムより「1ビット技術賞・優秀賞」受賞、AUDIO BASIC誌「特選盤」に選定される。
スウィングジャーナル誌および「JAZZ LIFE」「CDジャーナル」「ジャズ批評」「ステレオ」等の有名ジャズ誌にグラビア特集などで大きく取り上げられ、ジャズファン、ジャズメン、オーディオファンから高く評価される。

「日本の女性ジャズ歌手として最高の水準にある星乃けい…故・岩浪洋三氏」